インフルエンザ予防接種

​インフルエンザ予防接種を再開いたしました

13歳以上の患者様は注射のみ2歳〜13歳未満の患者様注射と経鼻ワクチンのいずれかをお選びいただけます。

2歳〜13歳未満の方は下記の説明をよくお読みいただき、どちらかをを選択してください。

*フルミストは本来2歳以上50歳未満の方まで接種できるワクチンですが、今季ワクチンは香港政府からの供与品の​ため、政府補助金対象者である

2歳〜13歳未満の患者様でかつフルミスト接種の条件に適合する方に限らせて頂きます。

最近韓国製ワクチンについてのお問い合わせが多くなっておりますが、弊院では注射はGSK社製 Fluarix Tetra

​経鼻ワクチンはMedlmmune Inc.社製のFlumistのみを使用しております。

注射  (不活化ワクチン)  : 生後6ヶ月〜大人

​今までにインフルエンザ予防接種を一度も受けたことのないまたはインフルエンザにかかったことのない生後6ヶ月〜9歳未満のお子様は​2回接種(4週間間隔)が必要になります。
​(香港の予防接種はWHO方式に従っており、日本とは接種方法が若干異なります)

経鼻 (生ワクチン)   : 2歳以上〜13歳未満(小学校6年在学中) = インフルエンザ政府補助金対象者のみ

                      

今までにインフルエンザ予防接種を一度も受けたことのないまたはインフルエンザに一度もかかったことの
ない9歳未満のお子様は​2回接種(4週間間隔)が必要になります。
生ワクチンを直接鼻腔へ噴霧するため、下記に該当する方は接種できません。
​・喘息をお持ちの方
・糖尿病、腎臓病など慢性疾患をお持ちの方 
免疫不全の方、免疫不全の方と接触する機会のある方
アスピリン、ステロイドを内服中の方
重度の卵アレルギーをお持ちの方

<経鼻ワクチンのメリット>

・鼻腔内にスプレーするのみなので、痛みがない

・発症予防効果が高い

効果が1年持続する

・流行する型と異なる型に対しても効果がある

<経鼻ワクチンのデメリット>

・年齢制限や接種適応条件がある

​生ワクチンのため、接種後、鼻水、咳、頭痛、発熱やインフルエンザ様の症状が出ることがある

接種時に号泣する場合や、鼻水、鼻づまりの症状がある場合はうまく鼻腔に入らなかったり、鼻汁で流されていまい、効果が弱ってしまう場合があります。接種時に医師とご相談ください。

        料金         :   注射    $350   
​                                 経鼻    無料 (政府供与品のため、政府補助金で費用を賄います)
​香港政府からの補助金 :下記に該当する方は香港政府より$210の補助金が出ます。(10月9日より)
​                                            
​● 香港居住に対する有効なビザをお持ちの12歳以下のお子様(国籍不問)
​    IDカード or 出生証明書 or パスポートをお持ちください。
    *小学6年生就学中の方はIDカードと就学証明書が必要です。
● 50歳以上の方 
    IDカードをご持参ください。
● ご妊娠中の方
​    IDカードと妊娠証明書をご持参ください。